一生に一度の「成人式」その始まり

今年も明日で終わりですね。
最後の食事はやはり年越しそばですグーグーりょうです。

「成人式」の始まり

日本らしい着物を着た日本女性

奈良時代には、通気儀礼として、男子には元服(げんぷく)」、女子には「裳着(もぎ)」が行われていました。
どちらも数え年で、12~16歳で行われており、現代の成人式より早いですね。

現在のような20歳で成人式が行われるようになったのは、戦後のことです。
地域の新成人が一堂に会して行う成人式の発祥は、1946年(昭和21年)11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)で開催された「青年祭」だと言われています。
この「青年祭」は、敗戦により意気消沈した若者を励ますために行われました。
そして、この「成年式」が全国に広まり現代の「成人式」となりました。

「成人式」が第二月曜になった理由

成人式を迎える新成人の晴れ着、流行

成人の日を1月15日に定めたのは、元服の儀を新年最初の満月に行う風習があり、それに由来しているためです。
しかしながら、これは旧暦の話ですので、現代の暦では、1月15日が満月とは限りません。その後、西暦2000年の祝日法改正(ハッピーマンデー法)により「成人の日」は1月の第2月曜日に変更になりました。

「ハッピーマンデー法」により、成人式は「1月の第2月曜日」と定められました。
もともと1月15日の行事ですが、第2月曜日では、15日が成人式になることはありません。

これは、阪神・淡路大震災が起きた1月17日が「防災とボランティアの日」なので、「第3月曜日」で、「成人の日」と「防災とボランティアの日」が重なってしまう可能性があります。
それを避けるため、第2月曜日に成人式を設定したと言われています。

少し早いですが、新成人の皆様、おめでとうございます!

 

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら