年越しそばを食べましょう!

今日はとても寒いですね。
全国的に10℃を下回るところが多いようですグーグーりょうです。

年越しそばの由来

長野県にあるヘリコプターで行ける蕎麦屋

年越しそばとは、大晦日(12月31日)に縁起をかついで蕎麦を食べる習慣のことを言います。
蕎麦は長く伸ばして細く切って作る食べ物なので、細く長くということから「健康長寿」「家運長命」などの縁起をかついで食べるようになったという説が一般的です。

蕎麦は信州から江戸へと運ばれ、人気となりました。
そのため、年越しそばも江戸で始まったと言われています。

「年越し」そばなので今年のうちに

日本の寺社仏閣の魅力

「年越し」そばと言うだけあって、年越しそばは大晦日に食べるのが一般的となっています。

もっとも多いのは、やはり大晦日の夜に除夜の鐘を聞きながら、のようです。
もしくは、大晦日の夕食の時に食べるのようです。

なお、福島県の会津地方では新年の1月1日に年越しそばを食べるようです。

最近は、年越しそば食べていないですね…

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら