お正月と言えば「お雑煮」

今年最後の週末ですね。
今日で仕事納めという方も多いでしょうかグーグーりょうです。

お雑煮の始まり

お雑煮はどこ発祥でどこの物が美味しいか

お雑煮の歴史は古く、その歴史は平安時代にまで遡るといわれています。

餅は、農耕民族である日本人にとって、古くからお祝いごとや特別な「ハレの日」に食べる「ハレ」の食べ物でした。

そしてお雑煮は、年神様に供えた餅や里芋、にんじん、大根などを、その年の最初に井戸や川から汲んだ「若水」と、新年最初の火で煮込み、元旦に食べたのが始まりといわれています。

お雑煮の語源は「煮雑ぜ(にまぜ)」で、色々な具材を煮合わせたことからきていると言われています。

地方や家庭によって変わるお雑煮

謹賀新年本年もよろしくお願いします。

お雑煮は、お正月には沖縄を除く日本各地で食べられていますが、餅の形やだし、具の種類にいたるまで、地方や家庭ごとに異なります。

餅の形

関西以西では丸餅、関東以東では角餅が多く使用されます。
関西では 昔から「円満」の意味を持つ縁起ものの丸餅が使われていました。
関東では、江戸時代、江戸には人口が集中していたので、一度に多くの餅を作れる角餅が主流になったと言われています。

だしの味

関西のお雑煮は白味噌仕立てです。
東日本と近畿を除く西日本では、すまし汁仕立てが主流です。
出雲地方では小豆雑煮と呼ばれるぜんざいのようなお雑煮、岩手では「くるみ雑煮」という、クルミを擦ったものに砂糖や醤油で味付けしたタレを添え、お雑煮の餅を付けて食べる二椀セットのお雑煮があります。

具材

大根やにんじん、ネギなどの一般的な野菜の他にはその土地の産物が入ります。
東北の山菜やキノコ類、新潟の鮭やイクラ、千葉の青海苔、島根の岩海苔やハマグリ、広島の牡蠣などが有名です。

 

 

お雑煮は大好物です。
去年は自分で作って食べました。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら