日本で1兆円以上消費した中国人観光客

クリスマスが終わりましたね。
年の瀬ムードが広がりますグーグーりょうです。

モノ消費からコト消費へ

クリスマスや誕生日におすすめのプレゼント

訪日中国人観光客が家電製品や化粧品を買い占める爆買いが、収束を見せ始めているといわれて久しいですね。
ここ最近は、地方都市での農業体験やサイクリングを楽しむ観光客が増えていることから「コト消費」へニーズが移行していると言われています。

それでも、まだまだ中国人観光客に日本での買い物は人気があります。

中国検索エンジンの最大手、百度の日本法人であるバイドゥ株式会社によると、訪日中国人観光客の買物時間が長かったエリアについて、1位「銀座」、2位「TDL/TDS」、3位「東京駅」となっています。

訪日中国人観光客の日本旅行での消費額は1兆円超

旅行でおすすめの国・地域・都道府県

品質の高さと安全性に定評のある日本製品を求めやってくる訪日中国人観光客は未だに大勢いらっしゃいます。

日本観光局が発表した2018年10月時点までの訪日外国人観光客の数では、2018年1月〜10月に来日した中国人観光客の数は716万3700人で、最多となっています。
中国に次いで多いのが、韓国人で626万9200人、その次が台湾で406万9500人となっています。

また、2018年6月に観光庁が行った調査では、日本を訪れた中国人旅行客の総消費額は1兆6947億円と全体の38.4%を占めています。

すごい消費ですね。
さすが今イケイケの大国です。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら