動物好き集まれ!動物園の園長になるチャンス!

寒くなりましたね。
そういえば12月でしたねグーグーりょうです。

千葉市動物公園園長の公募がスタート

青空のもと動物と触れ合える公園。白馬の王子様

公営の動物園は、市職員が園長を務めることが多く、公募するのは全国的にも珍しいのです。
千葉市動物公園でも園長を民間から公募するのは初めてとなります。
民間での経験を生かし、新たな集客策を進めてもらいたいそうです。

応募資格は民間企業などに10年以上勤め、管理職として組織運営に3年以上関わった経験がある人。
任期は2019年4月から最長5年間で、給与は月額59万1000円に地域手当などが付きます。
応募は2019年1月15日までインターネットか郵送で受け付けています。
選考は、書類審査、面接により行われ、園長予定者の発表は2月中旬の予定です。

千葉市動物公園とは

二本足で立つレッサーパンダ風太君

千葉市動物公園は、昭和60年4月28日に開園しました。
当時は、面積271,393平方メートル、飼育動物103種507点でしたが、33年経った現在では、面積339,722平方メートル、飼育動物127種852点まで増えています。

千葉市動物公園の最大の目玉は、レッサーパンダの「風太くん」でしょうね!
2005年に二本足で立つレッサーパンダとして、一大ブームを起こしました。
あれから13年が経過しましたが、今年で15歳になり、未だ健在です!
それでも徐々に立ち上がる回数は減少したようです...

入園者数も91年度の109万人が最多で、風太くんがブームになった2005年は80万人、その後は減少が続き2017年は61万人にまで落ち込んでいます。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら