12月スタート、ところでなぜ12月は師走??

気が付いたら今年も12月になりましたね。
今年は早かったね、毎年言っていますグーグーりょうです。

師走の意味とは

桜などが映っている日本らしい風景

12月をしわす、しはすと呼ぶようになった由来は諸説ありますが、最も一般的に言われているのは、「師が走る」説ですね。

これは呼んで字のごとく、「師が走る」季節だから「師走」ということなのですが、この「師」が誰なのかによってまたいくつかの説に別れます。

お坊さん説

現在では、ほとんど残っていませんが、昔の日本には年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげるという習慣がありました。
ですので12月になるとお坊さんがとても忙しくなり、そこから来ているというのがこの説になります。

御師説

御師とはお寺や神社などへ参拝に来た人々を案内する人のことです。
12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、
師(御師)が走りまわるという意味で師走というのがこの説になります。

学校の先生説

12月は日頃落ち着いている学校の先生も忙しく走り回ることからきた説です。
現在の先生の働き方とは少し違う時代かもしれませんね。

これ以外にも、一年の終わりを表すしはす説や、当て字説もありますが、忙しい時期には変わりありません!
残り1ヶ月元気に過ごしましょう!

日本の伝統的な建物、平等院鳳凰堂、法隆寺

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら