医療の世界にもビッグデータを

外国人の方の在留条件がますます厳しくなっていますね。
大勢の外国人を呼び込む以上、運用が厳しくなるのは必然でしょうかグーグーりょうです。

「次世代医療基盤法」

癒し系の美少女キャラクター

正式名称、「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律」と呼ばれるこの法律は、デジタルデータを活用した次世代の医療分野の研究、医療システム、医療行政を実現するための基盤として、デジタル化した医療現場からアウトカムを含む多様なデータを大規模に収集・利活用する仕組みを設けるものです。

このような仕組みは次世代医療の基盤であることから、「次世代医療基盤法」という略称としています。

スーパーコンピュータなどIT技術が進化し、ビッグデータの解析性能が向上したことを背景に、新しい治療法や新薬の開発など医療分野の様々な研究開発に医療ビッグデータを活用し、医療の向上に役立てようとする取組が世界的に進められています。

日本でも、医療ビッグデータの土台となる患者一人ひとりの医療情報を、個々の医療機関から集め、医療分野の研究開発のために利活用できるようにすることを目的として、この法律が2017年(平成29年)5月12に公布され、2018年(平成30年)5月11日に施行されました。

ビッグデータの活用でこんな事が

秋葉原で人気のアイドル、キャラクター

(1)患者一人ひとりに最適な医療を提供することが可能に

病気の治療は様々で、その選択は難しいのですが、医療ビッグデータの活用によって、その患者の年齢や症状、状態に合わせた最適な治療法を分析することが可能になります。

(2)異なる診療科の情報を統合することで治療成績の向上が可能に

異なる病気の医療データを統合することで医療機関をまたぐ分析が可能となります。そのデータにより、合併症の研究も進む上、患者様、医療機関双方のコストの削減にも繋がります。

(3)最先端の画像分析により病気の早期診断・早期治療を支援することが可能に

大量の医療画像を、AIに機械学習させることで、最先端の診療支援ソフトウェア製品が開発され、医師の診断から治療までを包括的に支援することが可能になります。

(4)医薬品などの安全対策の向上が可能に

これまでは発見できなかった医薬品の副作用の発見につながるほか、その発生頻度、態様について、正確に把握できます。このようにして副作用の発生頻度の把握、比較が容易になり、医薬品の使用における安全性が向上します。

 

もちろんあなたの医療情報をビッグデータに利用するには、あなたの同意が必要です。
個人情報等リスクはありますが、大きなメリットもあるので、ぜひ協力してください。

それでは明日も
グーグー!!