あの豪華客船「タイタニック号」が復活!

仕事で水戸まで行って来ました。
思ったよりずっとずっと遠かったですグーグーりょうです。

豪華客船「タイタニック号」

透き通るような綺麗な素肌の作り方

言わずと知れたタイタニック号は、1912年4月14日、航海中に氷河に衝突し、その後大西洋に沈みました。

犠牲者の数は、1,500人にものぼり、当時としては最大の死者数でした。

事故後に数々の問題が指摘され、その後の海の安全に大きく影響を与えた事故です。

復元される「タイタニック号」とは

親子で学べる施設、観光地

タイタニック2号は、イギリスの船舶会社ブルー・スター・ラインが手がけます 。
もともと、タイタニック号沈没から100年となる2012年に建造が発表されましたが、金銭面での問題が発生し、中断されていた。
しかし同社は問題が解決したとして、建造の再開を発表しました。

タイタニック2号はまずドバイを出港し、2週間かけてサウサンプトンに到着した後、ニューヨークへと向かいます。
この航路は、本物のタイタニック号と同じ航路となります。
その後、世界一周の船旅に出ます。

タイタニック2号は、客室のレイアウトなど見た目だけでなく、乗客数とクルーの数もタイタニック号とほぼ同じになる予定です。
しかし、造船は中国で行います。
※タイタニック号は、イギリスのベルファストで造られました。

もう一つの大きな違いは、安全面とテクノロジーです。
最新のナビゲーションシステムと安全技術を搭載し、たくさんの救命ボートも備えられる予定です。
悲劇は繰り返しません。

乗ってみたいですが、お高いのでしょう…

それでは明日も
グーグー!!