意外と知らない「祝日」と「平日」の違い

うつぶせで寝たせいで口内炎ができました。
悔しいですグーグーりょうです。

「祝日」「祭日」とは

日本の綺麗な女性

年間16日ある土日以外の休みを「祝祭日」といいますよね。
実はこの「祝祭日」、「祝日」と「祭日」を合わせたものなのです。

そして、この「祝祭日」が6月には一日もないのは、有名な話ですね。

祝日とは、文字通りお祝いをする日です。特に、国で定めた祝いの日の事を指します。

祭日とは、皇室の祭事とされる日で、「新嘗祭(にいなめさい)」や「神武天皇祭(じんむてんのうさい)」など、全て皇室の行事にまつわる日の事を指します。

「祭日」もう存在しない??

日本といえば富士山、桜、京都

現在の祝日は、「国民の祝日に関する法律」により定められていますが、祭日については定められていま潼せん。

元々、祭日は元始祭(1月3日)、孝明天皇祭(1月30日)、春季皇霊祭(3月21日頃)、神武天皇祭(4月3日)、秋季皇霊祭(9月23日頃)、神嘗祭(10月17日)、新嘗祭(11月23日)がありました。

しかし、これらは全て皇室の行事に関わる日だったので、敗戦後、GHQ(連合国最高司令官総司令部)の指示により、皇室に関連のある祭日をなくすことを決め、代わりに土日以外の国民の休みの日を「祝日」と定めることになりました。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら