認知症の3割入院時「身体拘束」

また手湿疹が出現しました。
油断すると乾燥するので注意が必要ですグーグーりょうです。

病気・けがで入院時の拘束

介護現場の実情

東京都医学総合研究所と国立がん研究センターの研究チームがまとめた認知症の方に関する全国調査結果が、読売新聞に掲載されていました。

対象となった施設は、主に病気やけがの初期治療を行う急性期とリハビリなどを行う回復期の病院であり、集中治療室(ICU)や、精神科病院は除外されました。

その調査結果によると、認知症の方が様々な病気やけがの治療で病院に入院した際、ほぼ3割が身体を縛られるなどの拘束を受けていました。

拘束の主な理由は、転倒・転落、自傷行為等の入院中の事故防止でした。

研究チームは「認知症の高齢者は、身体拘束を受けると、症状が進んだり筋力が低下したりしやすい。不必要な拘束を減らす取り組みが求められる」と指摘しています。

現場が抱える理想と現実

どうしようもない現実、大きな壁、悩みや不安

この記事だけを見ると、医療・介護の現場にいた方なら、分かりきっている事だと思うでしょう。

まず、偏に認知症と言っても、その程度は様々です。
現場でよく使用される「長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」や「Mini-Mental State Examination (MMSE)」等のテストで認知症と判定されても、日常生活に問題のない方もいれば、性格や障害の状況によってははっきりとこのようなテストに出てこない方もいます。

おそらく今回の調査では、これらのテストで「認知症」と判定された方が対象になったと思います。
そして、その中の3割が身体拘束を受けたというものです。

しかし、一般の方が想像する「認知症(徘徊や問題行動がある)」の方は、ほぼ全員が身体拘束を受けていると思います。

もちろん、現場のスタッフも、研究チームが指摘するように身体拘束が良い結果を生まない事は十分過ぎるほど理解しています。
できることであれば、身体拘束はせずに適切な医療を提供できればそれがベストでしょう。

しかし、現実問題として、それは不可能に近いのです。
その原因として、

圧倒的な人手不足

皆様も十分ご存知でしょう、日本は人手不足です。
その中でも、医療や介護の現場は特に人手不足となっています。

看護師や介護福祉士などの資格を持った方は、集まりづらく、また離職率も高いという問題があります。

また、このような施設は、患者様からの支払いと国からの支払いで収入を得ていますが、これらの収入は施設の規模や機能により決まっているので増やすことができません。
そのため、収益をあげ、施設を維持していくためには、コストを下げる、つまり人員を削っていくしかないのです。

先程述べた看護師や介護福祉士は、一人雇用するのに、紹介会社等を使い、平均100万円のコストが掛かると言われています。
また、採用しても、その方を育成するのにまたコストが掛かります。
そして、採用し、育成しても、高い離職率なので、正直割にあいません。

そのため、医療・介護の現場は慢性的に人手不足となっているのです。

そうすると、患者様一人一人に接することができる時間も少なくなるので、細かいケアはできません。

膨大な業務量

医療・介護の現場のスタッフは、想像されているよりずっと多くの業務を抱えています。

患者と接する業務はもちろん、食事の準備・片付け、一処置ごとの物品等の清掃・消毒、患者・家族様への説明、職員会議...

また、専門性の高い領域なので、患者・家族様への説明も平気で1時間2時間掛かります。
薬の管理、検査等絶対に時間をずらせない業務もあります。
これらの中には、他の科の動きを待たないと動けない時もあります。

このようなことが積み重なるので、どんどん予定より業務は遅れていきます。
急患や急変などが起きたら、予定は崩壊します。

そして、医療・介護の業界はIT化や業務効率化が進みづらい環境であるため、なかなかこれらが効率化できません。

これらの業務を少ない人員で、患者に合わせて、時間を作りながら行うのです。
患者は健康な方のようにスムーズには動けません。認知症の方ならなおさらです。
中には全く言う事を聞いてくれない方もいらっしゃいます。
職員が暴力を受けることも日常茶飯事です。
そして、このような方々を宥めつつ、かつ、転倒・転落しないように注意もしなければなりません。そのような事が起きれば医療事故となるからです。
もちろんこのような方は、他の患者様にも危害を加えることもあります。
想像できますか。まともに言葉が通じず、暴力を振ってくる相手を転倒・転落させず、安全に抑える大変さを。時には、危険物を持っていたり、衛生状態が良くない方も相手にしなければいけないのです。
自分の身を守りつつ、相手・周囲の身も守る、私達は警察や自衛隊などの特殊部隊ではありません。不可能です。

中には、身体拘束を一切しないという施設もあります。
実際に私も見てきたことがあります。

現実は、深いソファや低い椅子、柔らかいマットレス等で動けないようにしているだけでした。
その中で患者様は動こうともがいていました。
これが身体拘束ではない?失笑でした。

これから日本は増々人手不足が進みます。
それにも関わらず、高齢者や認知症の方は増えるという予測が出ています。
外国人を日本に入れ、ロボットを導入するという話がありますが、先述した業務のどれだけをこれらの力で補うことができるのでしょうか。

身体拘束は良くない事です。
なくなるのが理想です。
しかし、現実的に難しいです。
どうしたらいいのか私も分かりません。

医療・介護の現場は、このような葛藤を抱えているのです。
そして、今日もどこかの施設でこのような問題を会議しているのです。何時間も掛けて。

今回は、かなり長文となりましたが、皆様に医療・介護の現場について知ってほしかったのです。
それでも、ここに書いてあることは私が30分程度を掛けて、仕事の合間に書いたものです。
実際はもっと複雑で様々な事情が混在しています。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら