世界最強「日本のパスポート」!新デザインへ!

最近、よく肩が凝ります。
姿勢が悪いせいですねグーグーりょうです。

「日本のパスポート」が世界最強へ

海外旅行に行くときに便利な空港

イギリスにある、市民権や永住権の取得支援を手掛けるコンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」が、ビザなしで渡航できる行き先数を基準にしたパスポートの強さ指数を公表しました。
同社が国際航空運送協会(IATA)のデータを元に、199カ国・地域のパスポートを対象に調べました。

その中で、190カ国・地域となった日本がシンガポールを抜いて単独1位になりました。
最下位はアフガニスタンとイラクで、ビザが免除される国は30カ国です。下から2番目はシリアとソマリアの32カ国、3番目はパキスタンの33カ国でした。

トップ10は、以下のようになっています。

1.日本 190カ国
2.シンガポール 189カ国
3.ドイツ、フランス、韓国 188カ国
4.デンマーク、フィンランド、イタリア、スウェーデン、スペイン 187カ国
5.ノルウェー、英国、オーストリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、米国 186カ国
6.ベルギー、スイス、アイルランド、カナダ 185カ国
7.オーストラリア、ギリシャ、マルタ 183カ国
8.ニュージーランド、チェコ 182カ国
9.アイスランド 181カ国
10.ハンガリー、スロベニア、マレーシア 180カ国

「日本パスポート」新デザイン

有名な富士山の絵・写真

日本のパスポートが、東京2020大会を前の2019年に新しいデザインに変わります!

「日本的なデザイン」をコンセプトに検討を行い、そのうち葛飾北斎の「冨嶽三十六景」は世界的にも広く知られ、富士山をメインモチーフとし、まさに日本を代表する浮世絵であることから採用されました。

オリンピック・パラリンピックで訪日外国人の増加が予想されるため、新旅券を導入し、偽造対策とするのが目的です。
10年旅券は冨嶽三十六景のうち、有名な「凱風快晴(がいふうかいせい)(赤富士)」や「神奈川沖浪裏(なみうら)」など24点を、5年旅券は16点を、査証欄に全面印刷します。

ページごとに柄が異なるため偽造しにくく、透かしや特殊インキなどの偽造防止技術も用いられます。

なお、査証欄の大幅なデザイン変更は1947年以来約70年ぶりです。

パスポートの更新を考えている方は、2019年以降がいいかもしれませんね!

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら