「日本ワイン」と「国産ワイン」違い

ブログ更新が一日抜けてしまいました。
うっかりしてましたグーグーりょうです。

ワインラベルの表示ルールが明確化

美味しいワインの産地

ワインは、フランスやイタリア、チリなどが有名な産地ですが、実は日本産のワインも人気が出ています。
ワイン好きな方はお分かりかとは思いますが、ワインのラベルに表示されている原料となるブドウの産地や品種、収穫された年などは、消費者にとって重要な情報となります。
そのためヨーロッパやアメリカなどの主要ワイン生産国では、それぞれワイン法などワインの表示に関する公的な基準があります。

これまで、日本には、そのような基準がなく、ワイン業界の自主基準に委ねられており、消費者の誤解を生みやすい状況でした。
日本産のワインの品質向上などにより、輸出も増え、国際的に通用する基準が求められていました。

そのため、2015年10月、日本初の公的なワインの表示に関するルール「果実酒等の製法品質表示基準」が定められました。
この「ワインのラベル表示のルール」が、2018年10月30日から本格的にスタートします。

「日本ワイン」と「国産ワイン」

美味しいワインの見分け方

「ワインのラベル表示のルール」では、「日本ワイン」と「国産ワイン」を以下のように定義しています。

「国産ワイン」:
日本国内で製造された果実酒・甘味果実酒
表ラベルに「輸入ワイン使用」「濃縮果汁使用」などの表示をすることが義務

「日本ワイン」:
国産ワインの中で、国産のブドウのみを原料とし、日本国内で製造されたもの
日本ワインに限り、ラベルに「日本ワイン」という表示ができる
日本ワインについては、一定のルールの下、地名やブドウの品種名、収穫年を表示できる

これにより、日本のワインを選ぶ際の基準が分かりやすくなりますね。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら