【大悲報】大濠花火公園終了

お腹いっぱいで起きていられません。
食べ過ぎに太刀打ちできなくなりましたグーグーりょうです。

14日付朝刊西日本新聞社発表

おすすめの花火大会

大濠花火大会は西日本新聞社が主催で行われてきました。

その歴史は、戦後まもなく始まり、数度の中断・休止を経て今夏で56回目を迎えました。

観覧者は40万人規模に膨らみ、最後となった8月1日には約43万人(主催者発表)が集まりました。
40万人を超えるようになって安全確保の議論を重ねてきましたが、安全上の理由から来年以降は実施しない事が決まりました。

悲しい夏の風物詩との別れ

不満そうな女性の顔が可愛い

大濠花火大会といえば、福岡の都心で開催され、福岡に住む人の夏の風物詩でした。
僕も何度か見に行った思い出があります。

やはり大勢の人が集まると、問題も多いようです。

今回の終了の決定にも、大会後に園児や小学生が植えたヒマワリ畑が踏み荒らされていたのが見つかったり、公園外で待機していた観客が開始と同時に公園内になだれ込む現象が起きる等、マナーや安全上の問題が注目されたようです。

これを機に、自身の行動を振り替える必要を感じました。
若い子達に大濠花火大会を残せなかったのは残念です。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら