長きにわたる戦いが終結!日本を分断してきた争いに終止符

今日は支部開催の無料相談会に相談員として参加してきました。
地域に還元する活動は大事ですねグーグーりょうです。

日本のお菓子界を引っ張ってきた二大スターの衝突

最強の毒を持つきのこ、植物

明治が販売している「たけのこの里」「きのこの山」
この二つのお菓子は同じコンセプトを持ち、明治の二大お菓子として人気を博してきました。

しかし、その共通点の多さと人気が故に両者をめぐり、日本は分断されていくことになりました。

1975年、多くのアイディアと苦労を重ね、5年もの歳月をかけ、「きのこの山」は誕生しました。
「たけのこの里」は、「きのこの山」から遅れること4年。
1979年に誕生しました。

それから40年、このお菓子は、時には協力し、時には競い合い、明治を引っ張ってきました。

しかしながら、インターネットの普及とともに、両者をめぐる争いが激化し、どちらが人気かという話題でしばしばぶつかることがありました。
時には、焼き討ちが行われたほどです。

それを見かねた嵐・松本潤は自らを総選挙委員長とし、『きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018』を行い、争いの終息を図ったのです。
この総選挙は、2018年2月26日から7月31日まで投票が行われました。

「たけのこの里」の勝利!

美味しいたけのこの見分け方とレシピ

総選挙の結果は、「たけのこ党」が693万1220票を獲得し、「きのこ党」の676万1773票を上回って勝利しました。
穏健派の「どっちも党」も、223万8204票となりました。

これにより38年もの長きにわたる戦いは終焉を迎えました。

この戦いは、早々に結果が見えていたという意見もあります。
それは、開戦当初の2月28日、「霊長類最強女子」吉田沙保里さんが「たけのこ党」である事を公言したためです。

これにより、「たけのこ党」の士気は上がり、「きのこ党」は戦慄し、離脱するものもでたそうです。
そして、「たけのこ党」は、その後も戦いを有利に進め、勝利を手にしたのです。
「きのこ党」は歴史が深くコアなファンも多かったのですが、圧倒的な武力の前ではそれも無意味でした。

今後は、「たけのこ党」が主導し、多くのたけのこ製品が開発されます。
「きのこ党」はどうなってしまうのか...

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら