増加傾向のゲリラ豪雨。その原因と対策。

中華料理って美味しいですね。
特に辛い料理がお気に入りですグーグーりょうです。

ゲリラ豪雨とは

異常気象が続く日本で特に危険な地域

ゲリラ豪雨とは、都市近郊のごく限られた場所で短時間に発生する猛烈な集中豪雨の事を言います。
一般的に直径10キロメートルから数10キロメートルの範囲内で、1時間に50ミリを超える雨量を目安とされています。

大気の不安定により突発的で、天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨であり、従来から使用されていた驟雨(にわか雨)や集中豪雨、夕立といった言葉をマスメディアなどが代用した表現とも言われており、2008年には新語・流行語大賞トップ10に選出されています。

ゲリラ豪雨という名称の歴史は意外と古く、1969年8月の「読売新聞」が始まりと言われています。
それが、2006年頃から広く用いられるようになりました。

現在では頻繁に使われているゲリラ豪雨ですが、正式な気象用語ではありません。

ゲリラ豪雨の原因と対策

夏に見られる積乱雲によるゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨の主な原因は、「ヒートアイランド現象」と言われています。
ヒートアイランド現象とは、都市化により都市部の気温が上昇する現象の事です。

ゲリラ豪雨が発生する条件として、①夏の晴天(暖かく湿った空気)、②上空の冷たい空気、③上昇気流が挙げられます。
これにより生じた積乱雲が、ゲリラ豪雨を発生させます。

ゲリラ豪雨の発生を予測するのは難しく、直前の予報に注意をする必要があります。
しかし、朝の天気予報で「大気の状態が不安定」という予報が出ていた場合は、注意が必要です。

洗濯物が難しい時期ですが、天気予報に注意しましょう。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら