2月22日にゃ~にゃ~ネコの日?いいえ、行政書士記念日です!

寒いのか暖かいのか、よくわからない日が続きますね。
セブンイレブンのもちもちリングにハマっていますグーグーりょうです。

にゃ~にゃ~にゃ~

2が三つも重なり、「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という語呂合わせから2月22日は猫の日となりました。
ちなみに制定されたのは、1987年、僕の生まれた年と同じです!

近年のネコブームにあやかり、ネットや街中、いえ日本中がネコで溢れる中、あえて言いましょう!
今日は行政書士記念日であると!

2月22日は「行政書士法」が交付された日です。

そのため、日本行政書士会連合会の公式キャラクターはネコをモデルとした「ユキマサくん」です!
名前は「行政」の訓読みをもじったものです。

日本行政書士会連合会公式キャラクター「ユキマサくん」

ちなみに10日が成立、3月1日が実施された日です。

行政書士法成立の歴史

その歴史は1951年にまで遡ります。

行政書士の徽章は「コスモス」

当時、誰でも事務所の所在地を所轄する警察官署の許可を受ければ、代書業を営むことができました。
しかし、その能力には何の担保もなく、社会の要求に応えることは出来ていませんでした。

告訴状の作成を依頼を受けつつ被告人に内通したり、差押に関する書類の作成の依頼を受けつつ差押えを受ける人と内通したりしてお金を受ける代書人もおり、警察も懸命な取り締まりを行っていました。

そこで人間の善悪を監査し、裁判所の許可のもと裁判所構内で代書を営む構内代書人という制度ができました。
これが後の司法書士です。

その後、行政に対する書類を作成する専門家が制度化されていないことを問題視し、「司法書士は、司法書士法の制定により、行政代書人に比べ地位向上した。行政代理人に関しては、行政書士法の制定がないことは遺憾であり、行政書士法制定が必要である。」との提言がなされました。

これにより、不誠実な代書人の取り締まりと、一般の利益の保護、代書人の地位向上を目的に行政書士法が成立しました。

行政書士の使命

行政書士は法律専門国家資格者の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、国民の生活に密着した法務サービスを提供しており、高い倫理観を持って職務に当たるよう心掛けています。

行政書士は社会調和を図り、誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じ、国民と行政の絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命としています。

行政書士の倫理綱領

この使命を忘れることなく、日々の業務に取り組んでまいります!

それでは明日もグーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら