JR九州の減便…うちの地元はなんとか現状維持…

なぜか最近は疲れが溜まります。
寒いせいか、花粉か、忙しいせいか。夜更かしでしょうね。
生活改善しますグーグーりょうです。

JR九州の新ダイヤ

九州新幹線に乗りました。さくら、みずほ、つばめ

JR九州が発表した新ダイヤは全22路線を対象とし、一日当たり117本の減便となります。

減便の対象には、7年前に開通した九州新幹線も6本が入りました。

また、郊外のみでなく福岡都市圏の中心路線である鹿児島線や篠栗線も対象となりました。

うちの地元の路線はなんとか現状維持です…

地方路線は閑散と…

地方路線の無人駅、鉄オタ

※画像はイメージです。

九州新幹線やななつ星で景気の良い話があるJR九州ですが、その輸送人員をみると、ここ数年はほぼ全ての路線で減少が続いています。
しかも、会社全体の収益の中で鉄道事業による利益は4割ほどで、事業レベルでみると赤字と…
鉄道会社なのに不動産や小売業で成り立っている会社です。

福岡県内では比較的人気のエリアであり、今回の減便を免れたうちの地元でもラッシュ時以外は座席に横になれそうな程空いています。
数年前に乗った九州新幹線はさらに悲惨な状況でした…

また、同年代の友人たちはどこに行くにも電車をほとんど使わず、車中心となっています。
数年電車に乗っていないという人も珍しくありません。

それでも社会インフラとしての役割は重要

様々な要因により、利用者が減っている地方の鉄道ですが、それでも社会インフラとしての役割は重要です。

事実、年配の方々はスーパーや病院へ行くのに電車を使います。
小さな小売店は大型スーパーとの競争に敗れ、個人病院では診れない症状は大きい病院へ行かなかれればならないからです。

また、昨今増えている高齢者の自動車事故を受け、免許を返戻している人もいる中での鉄道の果たす役割は非常に大きいと思います。

難しい課題ですが、自治体も含め、解決策を見出していければと思います。
そして、こういった地方を活性化させる取り組みを僕も行いたいと思います。

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら