明日はバレンタイン!チョコレートが欲しい...

最近は少し、暖かい日が増えてきましたね。
その代わり花粉を感じる人が増えたようです。
まだまだ僕は大丈夫ですグーグーりょうです。

2月14日はバレンタインデー!

明日は僕にはあまり縁のないバレンタインデーですね!

チョコレートって美味しいですよね。

先週末は友人とチョコレートの見学と試食に行く予定でしたが、友人が体調を崩してしまい、中止になってしまいました。
幸い、友人の体調はすぐに回復したのですが、チョコレート断念は残念でした...

デパートには美味しいチョコレートがたくさん並んでますよね。
食欲がそそられますね笑

いつ頃からか、僕たちのバレンタインは僕が彼女にチョコレートをプレゼントし、ホワイトデーに何かしらのお返しを貰うという習慣になっています。

バレンタインの起源

ヨーロッパのおススメの観光地ランキング

一説では、バレンタインデーの起源はローマ帝国にさかのぼるとされます。

2月14日は全ての神々の女王であり、家庭と結婚の神・ユーノーの祝日で、2月15日は豊年を祈願するルペルカリア祭の始まる日でした。
2月14日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れ、2月15日、男たちは桶から札を1枚ひき、ペアとなった二人は祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていました。
パートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚することが多くありました。

時のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるので兵士たちの婚姻を禁止しました。
キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、兵士のために内緒で結婚式を行っていたが、それが皇帝の耳に入り、二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令しました。

しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されました。
彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれました。
ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされました。

そして、この日は祭日となり、恋人たちの日となりました。

各国のバレンタイン

美味しいチョコレートのおすすめランキング

日本

戦前に来日した外国人により、一部で行われていました。
戦後に販売促進のため普及が行われましたが、定着はしませんでした。
1970年代後半から現在の「女性が男性にチョコレートを贈る」というものが定着しましたが、この起源は不明です。

韓国

日本型のバレンタインが主流となっています。
あまり手作りとかはしないようです。

欧米諸国

男女問わずプレゼントを贈りあいます。
チョコレートに限らず、花やケーキ、カードが主流です。

中国

都市部を中心にバレンタインが定着し始め、欧米型のバレンタインとなっています。

イスラム圏、ヒンドゥー圏

予想通り、バレンタインは定着はしていません。
国によっては罰せられることも...
また、罰せられなくても熱心な信者に妨害を受けくことも...

 

こう見ると、うちは欧米、中国寄りですね笑

それでは明日も
グーグー!!

プロフィール

グーグーりょう
グーグーりょう
椿坂行政書士事務所で主に外国人業務に従事しています。
仕事に遊びと幅広く活動しています!

詳しいプロフィールはこちら